賃貸法人契約をすることで得られるメリットとは

賃貸法人契約をすることで得られるメリットとは

男性

賃貸法人契約の手続き方法

賃貸法人契約は法人が家主と賃貸契約を結びますので、大概は会社の総務部などが実際の手続きを行ってくれます。
流れとしては、まず申込書を送付。保証人が必要な場合は、保証人(会社の代表取締役か入居者本人となるケースがほとんど)の承諾書や印鑑証明を提出後、審査をされます。審査されるのは、契約する法人と保証人が必要なら保証人です。審査が無事終了し、契約となりますと、契約する法人の書類(会社概要書や納税証明、登記簿謄本、印鑑証明書など)が必要になります。入居者本人が必要とするのは、社員証の写しや在籍証明証、個人の住民票ぐらいでしょうか。最後に鍵をもらえば賃貸法人契約完了です。ケースもあります。

事務所

賃貸法人契約のメリット

賃貸法人契約は会社名義で契約しますので、会社がつぶれてしまわない限りは、支払能力があると判断され、審査自体が早くなることが多く、審査も通りやすいです。また、会社が家賃などを一定額負担してくれることが多く、安く住むことができます。不動産会社によっては、個人で契約するより、仲介手数料が安く済む場合もあります。

man and woman

賃貸法人契約の活用方法

最近では個人で起業し、社宅や自宅兼事務所として賃貸法人契約を活用するケースが見受けられます。この場合、家賃やそれに伴って加入が必要とされる火災保険料などを法人の経費とすることができますので、税務上、大きなメリットがあります。但し、会社の運営上、来客が頻繁にあったり、看板や表札に法人名を記載したり、はたまた、会社の住所としてインターネットに公開したりすることは、付近の住民の不安を煽る場合もありますので、必ず不動産会社に事前に相談しましょう。

個人契約と法人契約の違い

賃貸の個人契約では

賃貸契約を個人で締結するには、当然ですが、個人の支払能力が問われます。お勤めの会社の規模や、ご本人の年収、保証人の有無などによって、契約できるかどうか変ってきますので、ここが賃貸法人契約との大きな違いでしょう。

賃貸法人契約では

賃貸法人契約の場合は契約を結ぶ会社の信用力が問われますので、個人で年収が低かったり、保証人がいない場合、個人契約はできなくとも、賃貸法人契約ならできるケースがあります。このような方なら賃貸法人契約のメリットは大きいでしょう。