スムーズに利用するなら貸会議室を予約しよう

貸会議室の申し込み方法

貸会議室は最近はインターネットやFAXでの申し込みが非常に便利です。勿論、電話でも可能です。これらの方法でまず、仮予約を入れておき、予約できたら、人数の確定やキャンセルはいつまで可能か必ず確認しておきましょう。本予約は契約書を締結し、代金を振り込むことで完了するのが普通です。

会議室を自社内に構える場合とレンタルする場合どちらがお得?

会議室をレンタルする場合

賃会議室は、需要側としては、採用試験や株主総会など一時的に発生する多人数収容スペースの需要に必要な時だけ借りられるため、固定費の削減に寄与し、供給側としても企業が集まる大都市圏では効率よく運営できるとともに、大都市での高額な建物維持費を削減する有効な対策となりえます。

会議室を自社内に構える場合

社内で会議室需要が多い場合は、何度もレンタルするとコストがかかりますので、社内に構える方が長い目で見ればお得になります。また、有効活用できていない空きスペースや、使用方法が変わってしまった場合も、有効活用という意味で自社内に構えると、貸会議室をレンタルするよりよい場合があります。

スムーズに利用するなら貸会議室を予約しよう

会議

名古屋での貸会議室レンタル料金相場

貸会議室といっても、その広さや収容人数、備わっている設備、立地などによって様々ですが、名古屋の貸会議室の相場は概ね1時間あたり3,000円から6,000円といったところでしょうか。また、借りる日が平日か土日祝日かといったところでも変ってきます。意外と名古屋は駅前の好立地の貸会議室が価格競争により、安かったり、セット割引など料金システムが整っていたりします。

会議室

貸会議室を安くレンタルする方法

貸会議室を安くレンタルするには、やはり、いろんな業者と合見積をとることです。最近では簡単にインターネット上で比較できます。料金比較は1時間あたりの1人あたり単価を比較する方法と、1時間あたりの1㎡あたりの単価を比較する方法があります。とにかく収容人数を増やしたいという場合は1人あたり単価で比較すると良いと思いますが、たくさん収容するため、椅子や机の間隔を詰め込んでいるところもありますので、展示会など広く使いたい時は1㎡あたり単価で比較すると良いでしょう。