beauty

知っておきたいこと

埋没法は今や美容外科での定番処置となっていますが、実はこれには相当に古い歴史があり、現在では眼瞼下垂の治療にも利用されている信頼性の高い治療となっています。メスを利用しない埋没法を試して下さい。

詳細を確認する

価格を知ろう

最近ではかなり多くの方が美容外科に通っています。基本的に美容外科クリニックは料金価格などを自由に設定でき利用になっているので各美容外科の料金設定などを考慮してから利用しましょう。

詳細を確認する

豊富な治療の種類

目の下はたるみができやすい部分ですが、それと同時に豊富な治療の種類も提供されています。美容外科によって、たるみの原因によって、できることは変わってきます。そこで、クリニックと手法選びが重要です。

詳細を確認する

美しい肌を手に入れる

最近では、多くの方が利用するようになった美容皮膚科ですが、そのなかでも人気の高い美容皮膚科タカミクリニックについて紹介していくので施術を受ける際には判断材料にするといいでしょう。

詳細を確認する

多くの支持を集める

目白ポセンシアはかなり多くの女性から注目を集める美容外科クリニックです。このページでは現在人気のある目白ポセンシアニついての紹介を行なっていくので参考にしてみましょう。

詳細を確認する

ニキビ治療をしよう

一重まぶたにコンプレックスという人は、目白ポセンシアで二重まぶたを実現することが出来ます!これで貴方も二重女子!

大人のニキビは、肌のバリア機能低下のサイン

ニキビには、思春期にできるニキビと、大人になってからできるニキビがあります。思春期にできるニキビは、一過性のものがほとんどで、早急に治療する必要はありませんが、大人になってできるニキビは、肌のバリア機能が低下したときに出やすいため、肌の治癒能力が低下しているサインとなり、ニキビ跡の原因となります。ニキビ跡になってしまった場合の治療方法としては、バリア機能を回復させるためのクリームを塗る方法と、レーザーを用いた方法がありますが、クレーターと呼ばれる、陥没したようなニキビ跡が目立つ場合は、レーザーを利用した治療法を選択される方もいます。レーザーは医療保険は適用できませんが、照射する場所や回数によって、価格は大きく違いますので、美容外科に問い合わせてみましょう。

どちらの治療法にするべきか

ニキビ跡の治療法は、クリームを塗り、肌のバリア機能を回復させる方法と、レーザーを照射する方法があります。バリア機能の回復による治療は、痛みはありませんが、即効性はあまり見られません。また、あまりにも患部が広い場合は、完全回復は困難となります。そのため、レーザーによる治療が一般的に認知される以前は、ニキビ跡で悩む方が後を絶たず、レーザーの出現により、ニキビ治療は大きく進歩したと言えます。しかし、レーザーによる治療は、肌に微小な傷をつけることで、陥没したニキビ跡を回復させる方法をとっているため、肌が元々弱い方や、炎症を起こしている方は利用できないという欠点があります。以上ように、それぞれ、メリットとデメリットがあり、患者が、自分に合った治療法を選択する必要があります。ただし、現在もニキビ治療の研究は進められており、バリア機能の回復力の向上した薬の開発や肌の弱い方にも対応したレーザーも開発されていますので、今後のさらなる発展に期待しましょう。